LINE@ 友達限定情報
お気軽にご相談ください
LINE@ 友達限定情報
お気軽にご相談ください
お電話

糖質制限は必要?

ダイエットの方法は様々なものがありますが、糖質制限は痩せる方法とては有効なものとなるので、行っているという方も多いでしょう。

行っていないという方で興味があるという方は、そのメリットとデメリットについて把握しておいたほうが良いでしょう。
まずメリットとしては、米やパン、甘いものなどの糖質が多く含まれているものを制限することで通常通りに食事を食べても大丈夫という点です。単純に食事を抜く方法ですと、空腹に負けて断念してしまい、リバウンドをしてしまったという方も多いですが、糖質を制限する方法ですと、空腹で我慢するということは少なくなります。満腹まで食べるという方もいるので、痩せたいけど食事を楽しみたいという方にはおすすめとなります。ただ、過度に食べ過ぎてしまう日が続いてしまうと、体重が増えてしまうため、食べる量はある程度制限するようにしましょう。食べる量の他にも、味の濃いものやお肉も気にせずに食べることができるのも魅力の一つとなります。

味の濃いものに関しては、昔のダイエットの方法ですと避けたほうが良いと言われていましたが、糖質さえ制限していれば味付けは濃いものでも大丈夫となります。
糖質を制限することで血糖値の上昇を防ぎ、太りにくい身体となりますが、それ以外にも食事後に眠くならないというメリットがあります。

糖質を制限している方の多くは食後に眠くならないと感じていますが、これは眠気と血糖値は関係していると言われているためです。血糖値が一気に上昇してしまうと、その反動で低血糖となってしまうため、眠たくなる原因の一つとなります。他にも、ご飯やパンなどは胃に溜まりやすく、消化に悪いものとなります。

それらを消化するために消化器官に血液が集中するため、眠気を引き起こすのではないかとも言われています。眠気の他にも膵臓に負担をかけないで済むと言われています。摂取した糖質は、身体のエネルギーに変えるため、インスリンに変化しますが、そのインスリンを変えているのが膵臓となります。

糖質を制限するため、膵臓の疲労をなくすことができ、健康にも良いとされています。このインスリンは肥満ホルモンとも呼ばれていて、太りやすい体質を作り出してしまいます。


糖質制限ダイエットのデメリットとしては、ごはんが食べられないということです。

甘い物が好きという方はごはん食べないことでストレスが溜まり、ストレスも太りやすい体質の原因ともなります。。糖質制限を続けていく内に慣れてきますが、始めたばかりの方は、主食が食べられないのは辛いという方も多いです。

ごはん以外での対処法としても、低糖質の商品が販売しているので、そちらを活用して乗り越えるようにしましょう。低糖質のパンはコンビニでも販売されているので、手軽に入手することができます。糖質を制限するダイエットは食べられる物と食べられない物があるため、始める前にはある程度把握しておいたほうが良いでしょう。他のデメリットとしては、お金がかかるという点です。

ご飯やパンなどの主食は比較的安く購入することができますが、お肉や野菜などを中心に食べるようになるため、普段よりも食費がかさんでしまうことになります。外食やスーパーなどで惣菜を購入してしまうと、食費が高くなるため、基本的には自炊して糖質制限をするほうが食費を抑えることができて続けやすくなります。

糖質を制限すると、筋肉も衰えると言われています。身体は低糖質となっているので、糖質に変わるエネルギーを筋肉から作り出そうとしてしまいます。筋肉の衰えさせないためには、筋肉の栄養となるたんぱく質を上手に摂取していく必要があります。

タンパク質でおすすめなものとしては、鶏のささみとなり、摂取するとすぐに筋肉に変わるため、食事に取り入れることを心がけましょう。

他にも糖質制限ダイエットは、便秘にもなりやすいというデメリットもあります。

炭水化物は便の量を増やして排泄を促す役目がありますが、摂取をしなくなるので、便が排泄しにくくなってしまいます。対策としては、食物繊維やヨーグルトを意識して食べるようにしましょう。また、排泄をスムーズにするため、脂質を多く摂取する必要もあります。
糖質制限ダイエットには様々なメリットとデメリットがありますが、痩せる効果を上げたいという方は、耳つぼダイエットを併用して行うと良いと言われています。

あくわ整骨院の口コミをもっと見る
エキテン
お問い合わせ
後悔する前に今すぐ始めてみませんか? お問い合わせ 無理な勧誘はいたしませんので安心してお申込み下さい