LINE@ 友達限定情報
お気軽にご相談ください
LINE@ 友達限定情報
お気軽にご相談ください
お電話

糖質制限メリット・デメリット

糖質制限とは糖質を多く含む食品の摂取を控えるという方法になります。
日ごろ取りすぎな糖質を制限することによって、様々な健康効果を期待することが可能です。
糖質を制限するダイエットのメリットとデメリットですが、まずはメリットの方から、、、糖質自体の制限はされますが食べる量の制限に関しては基本的にはそんなに厳しくないので、モリベーションを保ちつつも持続しやすいという点があります。
条件をクリアすれば基本的にはお腹が満たされるまで食べることが出来るので、カロリー制限の際に起こりがちな食事をしても味気ない、物足りない、食べ足りないというストレスがあまり貯まらないので、目標値に達するまで継続しやすいのです。
尚、油ものを食べることも可能です。
脂質やたんぱく質の食品制限はないので、油を使用した料理を食べても大丈夫なのですが、揚げ物の衣は糖質なので衣には注意が必要となります。
糖質の多い食品を控えるだけになるので、面倒なカロリー計算などをする必要がありません。
食事品目もほかのダイエットほど気にする必要がないので、糖質の多い食品さえ覚えてしまえば比較的楽です。
糖質を制限すると比較的すぐに痩せる人が多いです。
糖尿病の人の場合は血糖コントロールにも即効性を感じる人が多いです。
ただし、糖尿病の人の場合はインスリン注射などをしている場合は必ず医師に確認してから行うようにしましょう。
メタボリックシンドロームは高血圧、脂質異常、高血糖などの症状を2つ以上持ち合わせている状態のことをいいますが、糖質を制限すると体重が減少しやすいので血圧の正常化がはかれます。
脂質異常は中性脂肪とLDL(悪玉コレステロール)の値は下がり、HDL(善玉コレステロール)の値があがるため、高血糖も改善されます。
糖質を制限するダイエットは血糖コントロールに非常に有効になります。
血糖値を上昇させてしまう原因の食品は、糖質を多く含む食材がほとんどの原因をしめています。
食事で摂取する糖質が少なければ少ないほど、食事の後に血糖値があまり上昇しないということがわかっています。
よってインスリンの追加分泌をほぼ抑えることが出来るので、血糖コントロールに有効というわけです。
糖質を制限するダイエットのデメリットに関してですが、もともとお米が好きな人には非常につらいダイエット方法になります。
その場合、ごはんやパンなどの主食無しでは食事をした気がしない人は、低糖質コンニャク米やGI米を使用することをおすすめします。
また、お米だけではなくパンやうどんなどの小麦粉を使用した食品も控える必要があります。
デメリットは主食をあまり食べられないという点につきます。
ビールなども糖質が多いのでもちろん飲むことを避けなければいけません。
また野菜なら食べても大丈夫だと思ってたくさんの量を食べてしまうと、実は野菜の中に糖質を多く含む食材もあるので野菜のチョイスにも注意が必要です。
またインスタント食品なども糖質を多く含むので、避けるべき食材ということになります。
また食費が高くなる傾向があります。
お米やうどんなどの糖質の食材でお腹を満たすことが難しくなるので、その分野菜や高脂質・高タンパク質の食材を増やす必要があるのですが、炭水化物などよりもそれらの食材の価格は高価になります。
低糖質のパンやデザートなども価格は普通の食品よりも高いので、食費が割高になる傾向があります。
糖質を日ごろ過剰摂取していた人が急に糖質制限ダイエットを行って、一切の糖質をとらなくなると糖質切れのイライラ状態などに陥ることがあります。
糖質を摂取して血糖値があがると幸福感に包まれるのですが、血糖値が下がり始めると糖質をまた摂取したくなるという悪循環に陥っているのです。
行う際の注意点としてはいきなり一切とらなくするのではなく、徐々に糖質を減らしていくなどの手順が必要になります。
糖尿病の食事療法として公式に認められているのはカロリー制限だけなので、糖質制限の食事を推奨している医療機関が少ないという点もデメリットとしてあげられます。
そのこともあり糖尿病の食事療法としての正式なガイドラインがあまり存在しません。
日本には糖尿病患者がどの程度の糖質制限を行えばいいのかの指標や、どのようなやり方が推奨されているのかなどのガイドラインがありません。
指導する医師も十分な糖質制限の知識があるかどうかわからないので、糖尿病患者が行うためには注意が必要になります。

なお、糖質を制限しつつ耳つぼダイエットを行う方法をおすすめします。
耳つぼで食欲を抑えるツボというのがあるのでそこを刺激します。

この2つの合わせ技で理想の体重にすることも夢ではありません。

あくわ整骨院の口コミをもっと見る
エキテン
お問い合わせ
後悔する前に今すぐ始めてみませんか? お問い合わせ 無理な勧誘はいたしませんので安心してお申込み下さい